石橋 晃仁

Ishibashi Akihito

所属/職位 リハビリテーション学科 理学療法学専攻/専攻長・教授
学位・資格等 修士(北翔大学大学院 人間福祉学)・日本理学療法士協会 専門理学療法士(神経,教育・管理)
e-mail a-ishibashi@jhu.ac.jp
主な担当科目 神経障害理学療法学,日常生活活動基礎学,リハビリテーション管理学,他
所属学会 日本理学療法士協会(基礎,神経,地域,予防,教育 各分科会),北海道リハビリテーション学会,認知神経リハビリテーション学会
研究テーマと概要 テーマ
中枢神経障害患者の理学療法評価・治療

概要
脳卒中片麻痺患者の理学療法で難渋する姿勢定位障害や半側空間無視などに対して、非麻痺側上肢の活用のあり方について探っています。

主な研究業績

タイトル 出典(雑誌名) 巻号・ページ・発行年 単著・共著
[論文]理学療法専門職の管理・運営とリーダーシップ 管理と運営の実践録 理学療法ジャーナル 36(7),498-501,2002 単著
[論文]高齢者大腿骨頸部骨折の日常生活動作と精神機能-回復期リハビリテーション病棟での検討- 北海道リハビリテーション学会雑誌 31,43-50,2003 共著
[論文]脳血管障害の日常生活動作と精神機能の推移 -回復期リハビリテーション病棟での検討- 北海道リハビリテーション学会雑誌 31,57-64,2003 共著
[論文]ハンドヘルドダイナモメーターを用いた立位保持能力評価指標の信頼性および妥当性の検討 北海道理学療法士会誌 21,101-104,2004 共著
[論文]高齢障害者の評価 総合リハビリテーション 34(1),19-26,2006 共著
[論文]脳卒中後、運動機能が良いにもかかわらず、階段を降りることができなかった1症例 理学療法ジャーナル 41(1),61-64,2007 共著
[論文]脳卒中片麻痺患者の股関節前面の痛みと屈曲角度について 北海道文教大学研究紀要 34,33-39,2010 共著
[論文]階段昇段時のクリアランスと所要時間の定常化 北海道理学療法士会誌 27,6-9,2010 共著
[論文]camptocormia様の姿勢異常による腰痛を主訴としたパーキンソン病症例への治療経験 北海道理学療法士会誌 30,92-98,2013 共著
[論文]脳卒中片麻痺患者のMulti-Target Stepping Test施行における重症度による差異 日本医療大学紀要 5,83-86,2019 共著
[学会発表]いわゆる注意障害を呈する脳血管障害患者についての一考察 第54回北海道理学療法士学術大会 2003 共著
[学会発表]脳卒中片麻痺者における麻痺側足関節底屈筋群の特性についての予備的研究 第39回日本理学療法学術大会 2004 共著
[学会発表]リスク管理に関わるPTの臨床的感性の実験的研究(当該学会優秀賞受賞演題) 第40回日本理学療法学術大会 2005 共著
[学会発表]階段昇降における視覚情報を断った場合の変化 第41回日本理学療法学術大会 2006 共著
[学会発表]高齢者の健康増進・介護予防に対する理学療法士の介入のあり方-札幌市介護予防センターへのアンケート調査より- 医療体育研究会/日本アダプテッド体育・スポーツ学会第12回合同大会 2010 単著
[学会発表]高齢者の自主活動に対する理学療法士の実験的関与とビデオ観察法の試行 第64回北海道理学療法士学術大会 2013 共著
[学会発表]脳卒中片麻痺患者に対するMulti-Target Stepping Testの試行 第11回日本神経理学療法学会 2014 共著
PAGE TOP