学科長・専攻長からのメッセージ

恵まれた環境で夢を実現しましょう

リハビリテーション学科長 教授
向井 康詞

理学療法士は、身体の障がいや病気、ケガなどで日常生活や運動などの基本動作に支障がある方をサポートする仕事です。身体の動きや動作に着目することはもちろんですが、患者さんが自宅や社会生活でどのように体を使うのかを想像すること、体の痛みだけでなく心の痛みにも寄り添うことが求められます。一人ひとりの患者さんに最適なケアを提供するために、医学的な知識や技術とともにコミュニケーションスキルを磨いてください。
日本医療大学には豊かな人間性と高度な専門性を育むカリキュラムに加え、豊富な臨床経験を積んだ教員陣による実践的な講義と、隣接する大学病院および介護老人保健施設で現場を肌で学べる環境があります。理学療法士のニーズは、病院や福祉施設、スポーツ関連など多分野に広がっています。広い視野と豊かな好奇心を持ち、活躍の場を大いに開拓していきましょう。

プロの視点で皆さんの夢をサポートします

リハビリテーション学科
理学療法学専攻長 教授
石橋 晃仁

理学療法士は、ケガや障がいがある方のリハビリテーションと社会復帰を支える専門職です。現場では一人ひとりのニーズを汲み取るためのコミュニケーション力、「良くなってほしい」と心から願ってケアにあたる姿勢が求められます。また、チーム医療におけるリハビリテーションでは理学療法士がリーダーを務めることも少なくありません。探究心を持って主体的に講義に取り組み、疑問があればどんどん先生にぶつけてください。
本専攻は全教員が理学療法士ですから、プロの視点で皆さんを教え導きます。理学療法士は患者さんと共に、絆を重ねていける喜びがある仕事です。従来は病院勤務が一般的でしたが、最近はプロアスリートのトレーナーや高齢者の健康支援、独立起業などさまざまな道があります。ぜひ夢を持って日本医療大学に入学し、実現に向けて努力してください。先生方も全力でサポートします。

PAGE TOP