4年間の流れ

1年次

人間と社会の理解、健康と疾病、看護の基本

講義・演習

総合医療論/専門基礎教育科目
医学・医療の歴史的概観、生命倫理の問題、患者の権利と医療倫理、介護・福祉施設との連携、プライマリーケアと病診・地域連携、再生医療等について幅広く学ぶ科目です。
スタートアップ講座/基礎教育科目
大学での主体的な学びに不可欠なスタディ・スキル(情報収集、ノートのとり方、文献の読み方など)や専門教育への入門となる基礎的知識・スキルについて学ぶ科目です。

時間割例

                                                                                 
MON TUE WED THU FRI
9:00〜10:30 臨床微生物学 情報科学 形態機能学Ⅱ
10:40〜12:10  看護の基本技術論 看護学概論 心理学
13:00〜14:30 生活と運動 倫理学 生活援助技術Ⅰ 情報科学Ⅱ スタートアップ講座
14:40〜16:10 日本語表現 形態機能学Ⅱ
16:20〜17:50 生命科学 英語Ⅰ 形態機能学Ⅲ

2年次

対象の特徴と看護実践

講義・実習

疾病論Ⅰ〜Ⅵ/専門基礎教育科目
循環器、呼吸器、消化器、血液系、運動系、神経系、内分泌・腎泌尿器・感覚器系、高齢者の身体機能に伴う疾患、精神疾患について、看護援助に活用できるように学びます。
基礎看護学実習Ⅱ/専門教育科目
医療施設の受け持ち患者との相互作用を通して、対象者の健康に対する認識を深め、日常生活における看護実践に参加します。また、看護の役割・機能についての考えを深めます。

時間割例

MON TUE WED THU FRI
9:00〜10:30 病態病理学 保健医療統計 疾病論Ⅰ 看護ヘルス
アセスメント論
老年看護学概論
10:40〜12:10 治療法概論 成人看護学概論 治療法概論 病態病理学
13:00〜14:30 老年看護学概論 看護課程論 基礎看護学実習Ⅰ
オリエンテーション
成人看護学概論
14:40〜16:10 疾病論Ⅰ 医療安全 疾病論Ⅰ
16:20〜17:50

※2年次前期に基礎看護学実習Ⅰ(45時間)、後期に基礎看護学実習Ⅱ(90時間)
※今後変更となる可能性があります

3年次

対象の特徴と実習による看護実践

講義・実習

地域生活支援論/専門教育科目
ヘルスプロモーション(健康増進)の観点から地域で生活する人々を対象にした看護を理解し、地域看護活動の特性や地域アセスメント、集団を対象にした健康教育法について学びます。
成人看護学実習Ⅰ/専門教育科目
疾患あるいは医療行為の侵襲により、急性症状を呈する患者を受け持ち、既修の知識・技術を基に看護過程を通して、看護を実践的に学びます。

時間割例

MON TUE WED THU FRI
9:00〜10:30 疾病論Ⅵ 成人看護援助論Ⅱ 精神看護援助論Ⅱ 老年看護援助論Ⅱ 疾病論Ⅵ
10:40〜12:10 リハビリテーション概論 健康教育論
13:00〜14:30 小児看護学概論 母性看護援助論Ⅱ 看護研究 地域生活支援論 看護研究ゼミナール
14:40〜16:10
16:20〜17:50 看護倫理 看護管理

※3年次後期に各実習(計360時間)
※今後変更となる可能性があります

4年次

看護の統合学修

演習・実習

臨床看護技術演習/専門教育科目
既修の知識と技術、態度を統合し、臨床で求められる看護実践能力の獲得、向上をねらいとします。複合的な健康課題をもつ模擬事例に対して、臨床判断と看護援助を体験します。
エンドオブライフケア/専門教育科目
死にゆく人が最期までよりよく生きるための支援を学びます。これまでの講義・実習をふまえて自らの死生観や倫理観について考察を深め、具体的支援を学習します。

時間割例

MON TUE WED THU FRI
9:00〜10:30 統合実習成人看護学
実習Ⅱ など
統合実習成人看護学
実習Ⅱ など
統合実習成人看護学
実習Ⅱ など
統合実習成人看護学
実習Ⅱ など
統合実習成人看護学
実習Ⅱ など
10:40〜12:10
13:00〜14:30 統合実習成人看護学
実習Ⅱ など
統合実習成人看護学
実習Ⅱ など
統合実習成人看護学
実習Ⅱ など
統合実習成人看護学
実習Ⅱ など
統合実習成人看護学
実習Ⅱ など
14:40〜16:10
16:20〜17:50

※4年次前期に各実習(計540時間)
※今後変更となる可能性があります

PAGE TOP