学科長からのメッセージ

国民の健康を守る診療放射線技師を目指しましょう

診療放射線学科長 教授
杉本 芳則

診療放射線技師の仕事には大きく「画像診断検査」「核医学検査」「放射線治療」「放射線機器管理」があります。装置や検査方法は日々進化しているため、生涯にわたり学び続けなくてはなりません。しかし、放射線技術は現代医療に欠かせないものであり、国民の健康を守るやりがいのある仕事です。これまでに多くの卒業生が医療現場の第一線で活躍しています。
大学で学ぶ数学や物理学などの理系科目や専門科目に苦戦する学生も少なくありませんが、日本医療大学ではすべての教員が意欲のある学生をサポートする体制を整えています。国家試験合格には学ぶことが多く強い気持ちが必要ですが、「診療放射線技師になる」という初心を忘れず、目標に向かって努力しましょう。

PAGE TOP